logo 近視手術外来こやのせ眼科クリニック
診療:月曜日〜土曜日 休診:水曜日・土曜日午後及び日曜日・祝日
前ページへ戻る ページ上へ戻る
問合せ・資料請求 リンク 所在地
 
手術までの流れ
 

カウンセリング・術前検査等すべて事前予約制となっております。
ご予約・詳細は近視手術外来直通 093-619-3370、またはこちらまでお問い合わせ下さい。

まず最初に視力や角膜形状など簡単な検査を行い、現在の近視の状態を把握します。
つぎにこの手術に対するご質問・ご要望や日常生活等についてスタッフがお話を伺い、手術についての詳しい説明を致します。最後に解説のビデオをご覧頂き、近視矯正手術に対する理解を深めて頂いた上で、眼科専門医の診察となります(この時点で手術可能かどうか、最低限の判断がつきます)。その上で手術を希望される場合には術前検査に進むことになります。
手術の確実な効果を得るために、視力や近視の度数の他、眼全体の精密な検査を含めた様々な検査を行います。
術前検査を受けるにあたり事前にコンタクトレンズの装用中止など注意していただく事項がございます。


各検査項目をクリックすると詳しい説明がご覧頂けます
01:オーブスキャン(角膜形状解析) 07:コントラスト感度
02:屈折度数 08:涙の量
03:角膜曲率測定 09:調節麻痺下視力検査
04:眼圧検査(眼のかたさ) 10:細隙燈顕微鏡検査
05:角膜内皮細胞数計測 11:精密眼底検査
06:視力測定(裸眼、矯正)
検査結果に基づき、医師の診断を経て最適な矯正量(=どれくらい近視の度数を減らす・またなくすか)を決定します。この「最適な矯正量」は年齢・眼と近視の状態・社会生活・ご要望などにより個人で異なります。医師とよく話し合い、十分な説明を受けた上で治療方針を決定して下さい。
手術を受けられる方お一人お一人に改めて十分な時間を掛け、書類を用いて手術について詳しく説明していきます。全ての内容について十分ご理解・了承され、最終的に手術を受けられることを希望される場合、署名・捺印の上、同意書を提出していただきます。その後、手術日のご予約と、手術までの留意点をご説明し、書類をお持ち帰りいただきます。(※手術日までコンタクトは中止していただきます。)

コンタクトレンズは検査前に装用中止して下さい。
この手術は、角膜の表面にレーザーをあてて行います。コンタクトレンズ使用中は、角膜の表面がコンタクトレンズの圧力で歪み、正確なデータが測定できませんので、検査前に装用を中止していただきます。

ハードコンタクトレンズ
3週間以上中止
ソフトコンタクトレンズ
2週間以上中止

なお、術前検査から手術までの期間が3ヶ月以上開きますと、再検査が必要となります。
術前検査当日は、ご自身での運転で来院されないようにして下さい。
術前検査の中で散瞳(目薬をさして瞳を大きく開くこと)の必要な検査があります。検査後、10代・20代の方は2〜3日間、30代以上の方は5〜6時間、近くの物が見づらくなったり、光が眩しく感じたりします。
健康保険証と検査費用について。
この手術は保険適応外ですが、術前検査の段階で眼に他の病気が見つかった場合、その病気に対しては保険治療になりますので、念のため保険証をご持参下さい。なお、当日検査代として1万円かかりますが、手術が決定した場合は、前金として手術費用の一部に充当されます(カウンセリングは無料です)。


診療時間


カウンセリング・術前検査等すべて事前予約制となっております。
カウンセリングと術前検査は続けて行えます。電話予約時にご相談下さい。
ご予約・詳細は近視手術外来直通 093-619-3370、またはこちらまでお問い合わせ下さい。

エキシマレーザー外来 診療受付時間
カウンセリング
月・火午前
9:00〜11:00
 月・火午後    14:30〜16:00
9:00〜11:00
木・金
   14:30〜16:00
9:00〜11:00
術前検査
月・火
 9:00 ・ 13:30
9:00
手術
木・金
午前

 


こやのせ眼科クリニック近視手術外来では2001年8月よりオルソケラトロジーレンズの取扱(近視矯正治療法)を始めました。
近視や手術に関してのご質問や資料請求のご依頼がございましたらこちらにお寄せ下さい。
または近視手術外来093-619-3370まで。

  
〒807-1261  福岡県北九州市八幡西区木屋瀬365-6
医療法人道西会 こやのせ眼科クリニック 近視手術外来
院長 合屋 慶太
TEL093-619-3370 FAX093-619-3371
Copyrightc1996-2005 Koyanose eye clinic ALL rights reserved.