オルソケラトロジー

orthokeratology 角膜矯正療法              
 
オルソケラトロジーorthokeratology
 

 

「近視は不便だし困っている、だけど手術は怖くて・・・」
「手術を受けたかったけれど、手術は向かないと言われた」
「職業上視力が必要、でも近視手術は禁止されていて」
「小学生ですが手術は受けられないのですか?」

これまで近視矯正手術でカバーしきれなかった方々の
こうした声にお応えする新しい治療法
「オルソケラトロジー(角膜矯正療法)とは、
特殊なハードコンタクトレンズを用いて眠っている間に角膜の形を
整えて近視を矯正する、全く新しい近視治療法です。

 



この治療法は、裏面に特殊な加工のしてあるハードコンタクトレンズ(1眼ごとの完全オーダーメイド)を毎晩就寝前に装用して眠ります。外してしまうと見えなくなる今までのコンタクトレンズとは異なり、朝起きてレンズを外した後も一定時間角膜が正しい形に「くせづけ」された形で保持され、視力回復効果が得られます。続ける事で徐々に視力回復の時間は延びて行き、順調に進めば2ヶ月〜3ヶ月後には1週間に4〜5回レンズを装用するだけで視力が保てるようになります。


朝つけて寝る前に外す従来のコンタクトレンズと正反対で、寝る前にレンズを装用して朝外します。酸素透過性に優れた一眼ごとの完全オーダーメイドレンズを使用するため、角膜に対する刺激やストレスは少なく、装用感は従来のハードコンタクトレンズより格段に優れています。


外科的な手術治療ではないため、装用を中止すればいつでも元の状態に戻せます。つまり、視力回復効果を保持するためには、毎日装用を続ける必要があります。


治療開始直後の視力回復時間は短いですが、毎日の装用を続けることで、角膜は正しい形に「くせづけ」されていき、視力保持の時間も延びていきます。順調に進めば、2〜3ヶ月後には週に4〜5日レンズを使用するだけで終日視力保持できるようになります。


オルソケラトロジーレンズで有効な近視矯正効果が得られるのは、軽度〜中等度近視です。強い近視の場合や、乱視が強い場合は効果が出にくく、時間もかなりかかるため、原則的にお勧めしておりません。


この治療で起こりうるリスクは、従来の昼間装用ハードコンタクトレンズと同程度です。適切なケア・装用スケジュールを守る、定期検診を受けるなど、眼科医からの指示を守って頂く必要があります。有効な近視矯正効果を得るためには患者さまのご理解とご協力が不可欠です。


眼鏡・コンタクトレンズ・近視矯正手術などの他の近視矯正手段と同様に、オルソケラトロジー治療にも保険は適応されません。全額自己負担となります。


治療費用は片眼につき84,000円です。これには治療前検査・レンズ代・初回ケアキット・治療開始後3ヶ月間の検査・診察・薬代が含まれます。3ヶ月以降は、定期検診(3ヶ月ごと)の度に検査・診察代で3,150円のご負担となります。


こやのせ眼科クリニック近視手術外来では2001年8月よりオルソケラトロジーレンズの取扱(近視矯正治療法)を始めました。
近視や手術に関してのご質問や資料請求のご依頼がございましたらこちらにお寄せ下さい。
または近視手術外来093-619-3370まで。



2001年1月23日(水)夕方16時55分からのRKB毎日放送(福岡)情報番組「夕方どんどん」内にて当院のオルソケラトロジー治療の模様が、実際の治療密着レポートや患者さまインタビュー、合屋院長の解説などと併せて紹介されました。

  
〒807-1261  福岡県北九州市八幡西区木屋瀬365-6
医療法人道西会 こやのせ眼科クリニック 近視手術外来
院長 合屋 慶太
TEL093-619-3370 FAX093-619-3371
Copyrightc1996-2005 Koyanose eye clinic ALL rights reserved.